透析看護師の転職は履歴書から!書き方に注意しよう

透析看護師の転職 - 差がつく履歴書の書き方とは?

転職の際、事前に書類選考をする場合があります。つまり履歴書や職務履歴書で一次の合否が決まってしまうのです。職務経験が豊富だから安心というわけではありません。履歴書には選考に残るポイントがあるので、それを抑えた上で書くようにしましょう。例えば、人気の勤務先や、都合の良い時間や条件であればなおのことです。
透析看護師の給料水準は高い?

転職サイトなどで掲載されている履歴書などのサンプルは、受けが悪くならない無難な書き方であり、あくまでサンプルとして考えなければなりません。書類選考は、いくら経験や実績があっても採用側の欲するポイントが違っていれば、落ちてしまう場合があるからです。そこで履歴書を客観的に添削してくれるサイトを利用してみてはいかがでしょう。

看護師の転職サイトは、いわゆる人材を紹介するサイトです。ですから病院についての情報やつながりがあります。情報は多い方が良いですし、なにより利用できるものは利用しましょう。転職サイトに登録すると、貴方の転職をサポートするコンサルタントが付きます。コンサルタントは、病院が求める条件と貴女が求める条件が合致したところを紹介してくれます。

自分で求人サイトから応募してもわからない部分があります。転職後、採用条件と違っていたということになる可能性もあります。また、転職サイトからの紹介の方が転職に有利に働く場合もあります。

看護師の働き方は実に多様になっています。正社員だけにとどまらず、派遣やパート、深夜のみという形もあります。そのような細かい条件を付けると、個々では探しきれません。そして履歴書というものは、勤務先の求めるものが書かれているかどうかなのです。コンサルタントはそのことを熟知していますので、必ず助けとなってくれるでしょう。

また転職サイトには、登録料などはかかりません。登録の際、職務履歴を記入する欄があれば、常に新しい情報を更新することが大事です。転職が今ではない方も、転職サイトなどを利用し、より良い条件を逃さないようにしましょう。

看護師の面接時に確認する内容

求人広告の中では、勤務先の実態は書かれていません。看護師の外来勤務も同じです。ですから面接時、確認しなければならないポイントがいくつかあります。外来勤務は正職員でも、残業があまりなく、深夜勤務もありません。ですが病院によっては、業務内容や勤務時間、スタッフの人数も違いますので、そこを注意して面接を受けると良いでしょう。

まず基本的な病院の情報です。診察科目の種類や、専門外来の有無。外来にも細かい分野に分かれており、病院によっては自分の勤務したい科がなかったりすることもあります。 これは、将来自分が認定もしくは専門看護師の資格を取得しようと考えた時、やはりその分野での勤務が望ましいと思います。

また救急指定病院であったり、診察日や時間がいつなのかを確認をし、自分のライフスタイルに合っているかどうかも熟考する必要があります。日勤だけといっても、都市部では午後の診察は19時までのところもあります。小さいお子様がいらっしゃるご家庭では預け先の確保が必要ですし、配偶者との良好な生活を送るためにも勤務時間の確認は必要です。

また同じく、病院の診察が予約制かそうでないかによっても勤務時間は変わってくるでしょう。なぜなら、予約制の場合はあらかじめ来院する患者の症状や理由を病院側は知っています。しかし予約がないということは、季節によっても来院数は変わりますし、日々の状況によって診察時間が大幅に延びる場合もあるのです。

救急指定病院で、年中無休で患者を受け入れているところは、外来であっても当直などがあります。自分だけが当直はできない、ということはできにくいですから、面接時に聞くよりもまず情報として知っておきましょう。

この他にも看護外来という科があります。今後の需要は伸びていくであろうと予想されますが、そのためにはまずスキルを磨くことができる病院を探さなければなりません。このように、求人広告には業務内容や、働き方の詳細は書かれていない場合があります。これらはあらかじめ質問するべきこととして用意しておきましょう。